「巨人5-1広島」(13日、東京ドーム)

 巨人は投打がかみ合い、快勝。優勝マジックを6とし、5年ぶりの頂点を視界に捉えた。

 先発の山口俊が7回2/3を4安打1失点の力投で、リーグ単独トップにおどり出る14勝。八回途中から中川が救援し、最後まで投げ切った。

 原監督は「ボールそのものは良かった」と評価。14日は「ブルペンデー」として沢村が先発するだけに、「非常にリリーフ陣にとって良かったと思う。ひとりのブルペン陣ですみました」と安どの笑みを浮かべた。

 優勝マジック6の話題には思わずニヤリ。多くは語らず「ですね、はい。ですね、はい」と、繰り返した。

 一戦必勝のスタイルは不変。「相手投手は好投手。何とか接戦に持ち込んで勝負したいと思います」と気合を入れた。