◆巨人5―1広島(13日・東京ドーム)

 広島が手痛いミスから自滅し、対巨人戦は3連敗となった。

 2点ビハインドの7回に悪夢が待っていた。3番手・遠藤が1死から阿部を四球で歩かせると、代走・増田大に二盗を決められた。さらに三盗を狙われ、慌ててけん制球を投げたが、痛恨のボーク。打席のゲレーロも歩かせると、田中俊に右前適時打を浴びた。さらに続く小林のゴロを三塁・メヒアが二塁に悪送球し、併殺どころか1死も奪えず、追加点を許した。

 打線も先発・山口の前に8回2死まで4安打1得点に抑え込まれた。勝てば2位浮上のチャンスで敗れ、首位・巨人とは6ゲーム差。15日にも4連覇の可能性が完全消滅する。