「巨人5-1広島」(13日、東京ドーム)

 巨人は投打がかみ合い、2連勝。優勝マジックを6とした。

 先発の山口俊が7回2/3を4安打1失点の力投。リーグ単独トップにおどり出る14勝。10三振を奪い、広島打線を圧倒した。

 打線も効果的に得点を重ね、山口俊を援護した。一回に岡本の適時打で先制。三回には小林の押し出し死球、四回には阿部の適時打で加点した。七回には田中俊の適時打などでリードを広げた。

 広島は勝てば2位浮上だったが、打線がつながらなかった。