<高校野球秋季北海道大会:札幌厚別8-7札幌北斗>◇13日◇札幌地区Fブロック2回戦◇札幌麻生

札幌厚別が、1年生バッテリーの奮闘で3年ぶりの秋1勝を挙げた。公式戦初出場のエース右腕小笠原康人投手(1年)が9回7失点完投。同じく初陣の内藤圭祐捕手(1年)が4回に左越えソロを放つなど、4安打1打点と援護した。

同点の5回1死二、三塁の攻撃では、小笠原が2ボール1ストライクから、外角高めに外されたボールにバットを当てスクイズ成功。二塁走者の内藤も一気に生還し、2点を奪った。「あそこで流れを引き戻せた」と小笠原。内藤は「内野の守備を見て、行けたら本塁までと思っていた」。好判断での2ランスクイズに、我孫子達也監督(46)も「初めての試合で1年生がよく決めてくれた」とたたえた。

小学校時代から旧知の2人。小笠原は札幌青葉小時代に青葉シャークス、内藤は札幌共栄小時代に厚別ファイターズに所属していた。両チームの練習場所が徒歩1分と近所にあり、練習試合で頻繁に対戦。同じ高校を受験すると知り「2人で部を強くしよう」と誓い合った。

3年生10人が引退し、現チームは2年生4人、1年生7人の計11人。投手は小笠原が主戦で、継投の場合は内藤が登板し、小笠原が捕手になる。小笠原は「次もしっかり投げて勝利に貢献したい」。内藤は「登板機会が来たら小笠原を助けられるように」。投捕二刀流コンビの連係で、96年秋以来23年ぶり2度目の全道切符を狙う。【永野高輔】