「巨人-広島」(13日、東京ドーム)

 巨人は岡本和真内野手の適時打で先制した。

 0-0の初回、1死一、二塁。カウント2-2から、九里の投じたインコ-ス付近の変化球を左前にはじき返した。

 試合前まで、今季6打数無安打としていた苦手な相手から、放った安打が貴重な先制点となり、一塁ベース上の岡本は笑みを浮かべた。