2020年東京五輪・パラリンピックに向けたカヌー(スプリント)のテスト大会の会場で13日、大会組織委員会が人工雪を降らせる実験を行った。

 暑さ対策の一環で、会場の海の森水上競技場(東京都)で午前10時すぎ、氷の塊を粉砕して雪を降らせる降雪機を使い、5分間で約300キロを降らせた。無風状態では半径15メートルほど降らせることができるが、会場は東京湾に面していて風が吹き、この日は観客席の一部にしか届かなかった。中には、数センチの大きい塊も飛んできた。組織委は「大会本番の暑さを想定して、あえて(粒を)大きめに設定した」と説明した。

 組織委が観客席の気温や熱中症の危険度を示す暑さ指数(WBGT)などを測定したが、気温25・1度、WBGT21・9度は降雪前後で変わらなかった。暑さ対策を所管する岡村貴志・担当部長は「降雪は8月中旬に出てきた案で、できることはすべて試してみようと実施した。清涼感はあったと思う。今後、使うかどうかも含めて検討する」と話した。

 同競技場は、当初の計画で約2千の全観客席が屋根で覆われるはずだったが、整備費削減のため、半分しか屋根がつかず、暑さ対策が課題に挙がっていた。テスト大会は12日に始まり、15日まで行われる。(荒ちひろ)