<フィギュアスケート:オータムクラシック>◇12日(日本時間13日)◇カナダ・オンタリオ州オークビル ◇女子ショートプログラム(SP)

シニア2年目の紀平梨花(17=関大KFSC)が、今季初戦のオータムクラシックに出場し、SP78・18点、首位発進となった。

昨季のグランプリ(GP)ファイナル優勝した紀平梨花(17=関大KFSC)が、今季初戦のオータムクラシックに出場。SPの新曲「ブレックファスト・イン・バグダッド」に合わせ、冒頭のトリプルアクセルを着氷。3回転フリップ+3回転トーループの連続ジャンプも華麗に着氷。その後の3回転ループも着氷した。大きなミスもなく演技を終えた紀平は笑顔でガッツポーズした。

キス・アンド・クライでは笑顔で声援に応えようとした際にカメラ倒れるハプニング。笑顔で立て直そうとする仕草が映し出された。

2位は75・14点でエフゲニア・メドベージェワ(19=ロシア)、3位に60・89点でカレン・チェン(20=米国)が入った。