「メッツ9-0ダイヤモンドバックス」(11日、ニューヨーク)

 0-7の六回、ダイヤモンドバックス・平野が右肘炎症から8月16日以来の復帰登板。しかし1回を1安打2失点と好結果は出せなかった。

 2死一塁から3番マクニールに初球を2ランとされ「もっとボール球を使ってもよかった。簡単にいき過ぎた」と悔やんだ。久しぶりの登板で投げる前は緊張からか、息切れし、試合勘にずれがあったという。