三重県名張市の社会人と中学生がそれぞれホッケー、バレーボールの全国大会への出場を決め、相次いで市役所を訪れた。

 ホッケーチーム「三重クラブ」のメンバーで、いずれも名張市在住の男女9人は、14日に鹿児島県で開幕する「全日本社会人ホッケー選手権大会」に出場する。7月に岐阜県であった東海ブロック予選で男子は3位、女子は優勝し、それぞれ初出場を決めた。チームは8月に練習拠点を鈴鹿市から名張市に移し、大会に向けて腕を磨いている。

 チーム代表の塩澤博明さん(49)は「男女とも、まずは初戦突破を目指したい」と話している。