◆西武―ソフトバンク(12日・メットライフドーム

 西武・十亀剣投手(31)が、大一番で驚異の粘りを見せた。勝ったチームにマジックが点灯する一戦で先発を任され、毎回のように得点圏に走者を背負ったが、7回無失点。天王山で先発の役目をしっかりと果たした。

 2回、3回と2度の満塁のピンチを迎えるも、勝負所で耐えた。3回までに実に7安打を浴びながら無失点に抑えると、7回まで8安打無失点と好投。序盤から力でねじ伏せる投球を見せたソフトバンクの千賀とは対照的な内容だったが、技術と精神力で互角に渡り合った。