オリックスの山岡泰輔投手(23)が12日、連敗ストップを誓った。14日の楽天戦(京セラD)に先発する右腕は大阪・舞洲でブルペン投球などで調整。チームは9月に入って未勝利の9連敗中(1分け挟む)で「止めたいのはあります。自分の投球をしていきたい」と気合を入れた。

 7月24日の日本ハム戦(ほっと神戸)以降、7試合の先発中、6試合で4失点以上とピリッとしない投球が続いている。「(ボールが)思っているよりきていない。(修正してきたのは)力感のところです」とエースの復調が期待される。

 10連敗となれば、球団ワーストの12連敗を喫した2012年以来、7年ぶりの2ケタ連敗となる。チーム唯一の10勝投手は「今できる限りのことをやるしかない」と前を向いた。