「阪神-ヤクルト」(12日、甲子園球場)

 阪神の近本光司外野手(24)が猛打賞をマークし、今季の通算安打数を146本に伸ばした。

 「2番・中堅」で先発出場していた近本は三回、1死走者なしで打席に立つと、ヤクルトの先発・山田大の初球、134キロの直球を中前に運んだ。

 さらに、五回には今季145安打目となる中前打を放った。七回には3打席連続安打となる遊撃への内野安打を記録。これで長嶋茂雄(巨人)が1958年に記録した、セ・リーグ新人記録の153安打にさらに近づいた。