◆阪神―ヤクルト(12日・甲子園)

 阪神・高橋遥人投手(23)が2年目で自己ワーストの8失点。前回登板に続き、自己最短タイの4回で降板した。

 初回、1番・広岡に右翼フェンス直撃の三塁打を浴び、いきなりピンチを招くと、1死後、山田哲に左翼線への適時二塁打、バレンティンには中堅右へ32号2ランを被弾。3点を先制された。

 2回、3回と無失点に抑え、立ち直ったかに見えたが、4回先頭のバレンティンから連打と四球で無死満塁。中村の右犠飛で1点を失うと、自身の失策にタイムリー2本も絡み、この回一挙5失点と崩れた。

 今季最短の4回8安打6失点で敗れた6日の広島戦(マツダ)から中5日。今季抜群の安定感を見せてきた左腕が、この日も4回7安打8失点と最終盤で踏ん張りどころを迎えている。