11日、日本オリンピック委員会(JOC)は来月開催の第1回ANOCワールドビーチゲームズ(カタール・ドーハ)に参加する日本代表選手団を認定し、ボルダリングに出場する野中生萌が旗手を務めると発表した。

 ワールドビーチゲームズは国内オリンピック委員会連合(ANOC)が主催するウォータースポーツ、アウトドアスポーツの世界大会。期間は10月12日から16日までの5日間で、中東のカタール・ドーハで行われる。

 日本代表選手団は実施競技のうちビーチサッカー、ビーチテニス、アクアスロン、スケートボード、ウェイクボード、スポーツクライミングに選手を派遣する。

 スポーツクライミングはボルダリングのみが実施され、競技は13・14日の2日間を予定。日本からは野中のほか、男子で原田海、渡部桂太が出場する。

CREDITS

編集部 /

写真

窪田亮