「阪神-ヤクルト」(12日、甲子園球場)

 阪神先発の高橋遥が初回につかまり、いきなり3失点を喫した。先頭の広岡に右翼線への三塁打を浴びると、山田哲には左前への適時打を許して1点を失う。さらに続くバレンティンにはバックスクリーン右に運ばれる2ランを被弾した。一方で塩見、雄平、村上と3つのアウトはすべて空振り三振に斬っている。

 高橋遥は前回登板した6日の広島戦では8安打6失点で4回KO。ベンチで矢野監督からベースカバーを怠ったことなどを叱責され、涙を浮かべる場面もあった。中5日での登板に「しっかり試合を作れるように。後半戦、勝てていないのでチームに貢献したい」と意気込んでマウンドに上がっていた。