◆東都大学野球秋季リーグ第1週第3日 ▽立正大4―3東洋大(12日・神宮)

 11日に雷雨のためノーゲームとなった試合が行われ、立正大が東洋大に勝利し1勝1敗のタイとした。

 春の王者・東洋大は2―4で迎えた6回、2死から諏訪賢吉二塁手と小川翔平遊撃手(ともに3年)の連続安打と相手の失策で1点を返し、なおも二、三塁のチャンスを迎えたが無得点。そのまま立正大に逃げ切られた。

 ドラフト上位候補の5番・佐藤都志也捕手(4年)はこの日無安打。チームも勝ちきれず「調子どうこうじゃない。やるしかない。基本に忠実になって、原点に返ってもう一回やらないといけない」と悔しそうな表情を浮かべた。

 3回戦は13日に行われる。