「エンゼルス-インディアンス」(11日、アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手(25)がインディアンス戦(日本時間12日午前9時7分開始予定)に「3番・指名打者」で出場することが発表された。

 大谷はここまで105試合に出場し、打率・288、17本塁打、61打点。前日10日は2打数無安打1四球で2試合10打席連続ノーヒット(1四球含む)。

 凡退した2打席はいずれも初球を打って左飛と左邪飛。試合後の大谷は「振りはいいかな、自分の中ではいいのかなと思ってる部分はありますけど、結果につながってないなっていうもどかしさはあるんじゃないかなと思う。フォアボールを取れた打席はまあよかったですけど、それ以外のファウルフライももう少し違う(スイングの)軌道で入れたら、もうちょっといい結果になったんじゃないかなというのはあるので、そこは反省と修正の繰り返しかなと思います」と話した。

 インディアンスの先発は右腕のプレトコ。今季はここまで17試合に登板し、6勝4敗、防御率4・44の成績を残している。大谷は8月3日に初めて対戦し、一ゴロ、中飛、左翼線二塁打だった。

 エンゼルスのラインアップは以下のとおり。

1番・中堅 グッドウィン 打率・276、16本塁打、45打点

2番・二塁 フレッチャー 打率・289、5本塁打、44打点

3番・DH 大谷     打率・288、17本塁打、61打点

4番・一塁 プホルス   打率・251、22本塁打、85打点

5番・右翼 カルフーン  打率・231、28本塁打、67打点

6番・左翼 ウォード   打率・182、0本塁打、0打点

7番・遊撃 シモンズ   打率・259、6本塁打、33打点

8番・三塁 タイス    打率・184、6本塁打、19打点

9番・捕手 スミス    打率・230、4本塁打、14打点

   投手 ピーターズ  3勝2敗、防御率4・45