ヤクルトの来季1軍監督への昇格が最有力となっている高津臣吾2軍監督(50)が11日、イースタン・巨人戦(戸田)前に取材に応じ、球団からの就任要請に「何もないです、残念ながら」と明かした。

 10日に球団が小川監督、宮本ヘッドコーチの辞任を発表。関係者によると内々に打診を受けているといい、高津ヤクルト誕生への流れは急加速している。真中前監督が辞任した17年オフも後任候補として取りざたされた経緯があるため「2年前のことで自分は慣れているので、あまり深く考えないようにしています。何かあったらお話しできるんですけど、何もないのでこの程度ですいません」と語るにとどめた。