バスケットボール男子のワールドカップ(W杯)は11日、準々決勝が中国・東莞で行われ、史上最多の6度目の優勝を狙った米国(世界ランキング1位)は、フランス(同3位)に79―89で敗れ、3連覇はならなかった。米国がW杯でメダルを逃すのは2002年大会以来で、NBA選手が参加するようになってからは2回目。序盤からリードを許した米国は第3クオーター(Q)終盤にいったん逆転したものの、第4Qに再逆転を許し、逃げ切られた。(東莞)