<阪神10-3ヤクルト>◇11日◇甲子園

阪神能見篤史投手がヤクルトの反撃ムードを消し去った。

6-1で迎えた6回に2点を返され、なおも2死一、三塁のピンチで先発の青柳が降板。本塁打が出れば追いつかれる場面で、救援の能見が代打・山田哲人を空振り三振に。「ホームランだけは防ごうと思っていた。残り試合も少ないですし、中継ぎ陣みんなでつないで行きたい」とベテラン左腕は結束を強調。矢野監督も「あそこ1人、確実に取ってくれたというのは本当に大きいと思います」と能見の5球を絶賛した。