◆ロッテ6―4オリックス(11日・ZOZOマリン)

 オリックスが1分けを挟んで9連敗を喫し、リーグ優勝の可能性が完全に消滅した。12球団最長の23年連続のV逸が確定し、借金は今季ワーストを更新する13に膨らんだ。西村監督は「こうなってしまったことは色々と原因がある。ただ、Aクラスの望みがゼロでない限り最後まで諦めずにやるしかない」と言葉を絞り出した。

 先発の張奕が1回1/3を6安打4失点でKO。救援陣が4回以降は無失点と耐えていたが、2点ビハインドの7回2死一塁から吉田一の外角低めのワンバウンドの変化球を捕手・松井雅が後ろにそらした。ボールを見失っている間に二塁走者・藤岡が一気に本塁にかえり、追加点を許した。

 打線は2回に3点を先取したが、以降は8回に福田が右越え2号ソロを放つまで沈黙。2点を追う7回1死二塁では山足と代打・鈴木昂が連続見逃し三振に倒れて反撃できなかった。