「DeNA10-4巨人」(11日、横浜スタジアム)

 巨人は投手陣が崩れ、3連勝ならず。優勝マジックは9のまま、2位DeNAとのゲーム差は4となった。

 先発の桜井が4回6安打5失点と崩れた。前回対戦でも本塁打を打たれている天敵ソトに二回にソロ、三回に2ランを被弾。中5日の登板で期待にこたえられず、4敗目を喫した。七回には4番手の沢村が梶谷に2ランを被弾。八回にはマシソンがソトにこの試合3本目となる2ランを許した。

 打線は三回に丸、五回に坂本勇が適時打。六回は大城、陽岱鋼の連続適時打で追い上げたが、反撃は届かなかった。

 DeNAの連敗は5でストップ。ソトが3発5打点の大暴れ。井納が5回2失点で4勝目を飾った。