◆西武―ソフトバンク(11日・メットライフドーム)

 ソフトバンクが4番・デスパイネ外野手(33)の6試合ぶりの33号左越えソロで、1点を返した。3点を先行されて迎えた5回。先頭で左翼席中段に放り込んだ。「完璧にとらえられたよ。今日は負けられない大事な試合だし、1点返せてよかった」と歓喜。タカの主砲がチームを勢いづける一打を放った。

 なお、2死一塁からは今宮健太内野手(28)が右越え二塁打を放ったが、一塁走者の内川聖一内野手(37)が本塁タッチアウト。流れにのることはできなかった。

 ソフトバンクが勝利すれば、優勝へのマジック12が点灯する。