日本陸連は11日、世界選手権(27日開幕、ドーハ)の日本代表の追加代表選手を発表した。

サニブラウン・ハキーム(20=フロリダ大)が内定を辞退した男子200メートルは、小池祐貴(住友電工)山下潤(筑波大)白石黄良々(セレスポ)の3人で、3人とも初出場。男子棒高跳びでは沢野大地(富士通)が日本選手団最年長の38歳で、3大会ぶり7度目の出場が決まった。

男子3000メートル障害で参加標準記録を満たしていた塩尻和也(22=富士通)は右膝の靱帯(じんたい)を損傷した疑いがあり、出場を辞退した。

<世界選手権日本代表一覧>★は発表済み

・男子100メートル

サニブラウン・ハキーム(フロリダ大)★

桐生祥秀(日本生命)

小池祐貴(住友電工)

・男子200メートル

小池祐貴(住友電工)

山下潤(筑波大)

白石黄良々(セレスポ)

・男子400メートル

ウォルシュ・ジュリアン(富士通)

・男子110メートル障害

高山峻野(ゼンリン)★

金井大旺(ミズノ)

泉谷駿介(順大)

・男子400メートル障害

安部孝駿(ヤマダ電機)★

豊田将樹(法大)

・男子走り高跳び

戸辺直人(JAL)★

衛藤昂(味の素AGF)

・男子棒高跳び

江島雅紀(日大)

山本聖途(トヨタ自動車)

沢野大地(富士通)

・男子走り幅跳び

橋岡優輝(日大)★

城山正太郎(ゼンリン)

津波響樹(東洋大)

・男子400メートルリレー

多田修平(住友電工)

ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)

・男子1600メートルリレー

伊東利来也(早大)

佐藤拳太郎(富士通)

河内光起(近大)

若林康太(駿河台大)

井本佳伸(東海大)

飯塚翔太(ミズノ)

田村朋也(住友電工)

・男子10種競技

右代啓祐(国士舘ク)★

・男子マラソン

川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)★

二岡康平(中電工)★

山岸宏貴(GMO)★

・男子50キロ競歩

勝木隼人(自衛隊)★

野田明宏(自衛隊)★

鈴木雄介(富士通)★

・男子20キロ競歩

高橋英輝(富士通)★

山西利和(愛知製鋼)★

池田向希(東洋大)★

・女子5000メートル

木村友香(資生堂)★

田中希実(豊田自動織機TC)

鍋島莉奈(日本郵政グループ)

・女子1万メートル

鍋島莉奈(日本郵政グループ)★

新谷仁美(ナイキTOKYOTC)

山ノ内みなみ(京セラ)

・女子110メートル障害

木村文子(エディオン)★

寺田明日香(パソナグループ)

・女子やり投げ

北口榛花(日大)★

佐藤友佳(ニコニコのり)

・混合1600メートルリレー

青山聖佳(大阪成蹊AC)

高島咲季(相洋高)

松本奈菜子(東邦銀行)

・女子マラソン

谷本観月(天満屋)★

池満綾乃(鹿児島銀行)★

中野円花(ノーリツ)★

・女子50キロ競歩

渕瀬真寿美(建装工業)★

・女子20キロ競歩

岡田久美子(ビックカメラ)★

藤井菜々子(エディオン)★