セ・リーグは11日、8月度の「大樹生命月間MVP賞」を発表し、ヤクルトのデービッド・ブキャナン投手(30)が初めて受賞した。

 8月は5試合に先発し、ともにリーグトップタイの3勝(0敗)、防御率1・64。チームの投手の受賞は18年6月度の小川、外国人投手では15年7月度のバーネット以来。「とても光栄で本当にうれしい気持ちでいっぱいです。素晴らしいチームメートの献身的なプレーがなければ、この賞をいただくことは考えられないので、チームメートのみんなにもとても感謝しています」と述べた。