13年ぶりに出場したバスケットボールW杯で5戦全敗に終わった日本代表が10日、中国から帰国した。日本人初NBAドラフト1位指名を受けた八村塁(21)=ウィザーズ、NBA選手の渡辺雄太(24)=グリズリーズ=を擁し“史上最強”とうたわれたが、32カ国中31位で終戦。主将の渡辺は「現実は甘くなかった」と悔しさを噛みしめた。

 痛感させられたのは、“八村頼み”の現状。八村が欠場した順位決定戦は明らかにチーム力が落ちた。馬場(A東京)は「塁が抜けて、自分たちのバスケが何なのか分からなくなった。誰がどうなっても“日本のバスケはこうだ”っていうのを作らないと」と東京五輪での汚名返上へ、危機感を募らせた。