第71回秋季東北地区高校野球県大会(県高野連主催、朝日新聞秋田総局など後援)の組み合わせ抽選が10日に行われた。県北、中央、県南の各地区予選を勝ち抜いた18校に、今夏の甲子園大会に出場した秋田中央を加えた計19校の対戦が決まった。

 大会は14日に開幕し、17日まではこまちスタジアムとさきがけ八橋球場(いずれも秋田市)、21、22日はこまちスタジアムで試合が行われる予定。開会式は、14日午前8時半からこまちスタジアムであり、湯沢翔北の藤井南翔(みなと)主将(2年)が選手宣誓をする。

 上位3校は10月11~16日に岩手県で開かれる東北大会に出場する。東北大会での成績は、来春の選抜大会出場の参考になる。