<ワールドカップ(W杯)アジア2次予選:日本2-0ミャンマー>◇F組◇10日◇ヤンゴン

【ヤンゴン(ミャンマー)10日】サッカー日本代表(FIFAランク33位)のMF久保建英(18=マジョルカ)が、最年少記録とともに22年W杯カタール大会への第1歩を刻んだ。アジア2次予選F組ミャンマー(同135位)戦で後半36分から途中出場。風間八宏の19歳67日を39年ぶりに更新する18歳98日でのW杯予選出場となった。短いプレー時間でチャンスを演出するなど、今後の代表史上最年少ゴールへの期待もふくらませた。試合はMF中島翔哉(ポルト)とMF南野拓実(ザルツブルク)の得点で2-0で勝った。

     ◇     ◇     ◇

鋭い眼光で、W杯へ続くピッチに久保が立った。後半35分すぎ、ウオーミングアップを終えて小走りでベンチへ。森保監督に肩に手を回されて指示を仰ぐと、いつものように太もも裏を伸ばすストレッチ。交代するMF中島をねぎらい、軽やかに走りだした。W杯予選で史上初となる18歳での出場。試合後は「出られて本当によかった」と話した。22年W杯への第1歩は快記録とともに刻まれた。

ファーストタッチでいきなり見せた。後方からのパスをかかとでダイレクト。視界に入っていないはずの後方にできていたスペースへ出し、走るDF酒井に合わせた。持ち前の繊細な技は、大雨で荒れたラフな芝も苦にしなかった。「自分が楽しみつつ、なおかつチームの助けになれば」という言葉通り、らしさ全開で攻撃を活性化した。

心に刻んでいる言葉がある。「いつが最後になるかわからない」。かつてバルセロナでプレーした元スペイン代表DFプジョルの言葉だという。「いつ最後になってもいいように。1試合1試合、そういう気持ちでプレーしてきた」。過去について語ることも、自身の将来について語ることもしない。18歳にして、大きな覚悟がある。常に今の自分の限界に挑み続け、誰よりも早くW杯への道にたどり着いた。

この日はプレー時間が短かったこともあり、シュートはなし。史上最年少ゴールは次戦となる10月10日のホーム、モンゴル戦以降にお預けとなった。「これからどんどん練習や試合でいいプレーをして、監督に認めてもらえる選手になりたい」。飾らない言葉に、たしかな自信がみなぎった。幕を開けた森保ジャパンの道は、俊英の歴史とともにある。

▼日本のW杯予選最年少出場記録 MF久保が10日のW杯アジア2次予選ミャンマー戦に後半36分から出場。18歳98日でのW杯予選出場は、MF風間八宏(筑波大)が80年に記録した19歳67日を更新する日本の最年少記録となった。W杯の本大会を含めると、MF小野伸二(浦和)が98年フランス大会のジャマイカ戦で記録した18歳272日が最年少となっている。