「阪神4-5ヤクルト」(10日、甲子園球場)

 ヤクルトが延長戦を制した。

 1点を追う二回2死満塁から、高橋が走者一掃の中越え適時二塁打を放って逆転。三回はバレンティンの中越えソロで加点した。その後は同点に追いつかれたが、延長十回2死二塁から、途中出場の塩見が決勝の中前適時打を放った。

 先発の高橋は3回3失点。5番手の石山が2勝目を挙げた。

 小川淳司監督は、殊勲の塩見について「あんまり期待していなかったんだけどね」と笑いつつ「自信をつけて次につなげてくれれば」と目尻を下げた。

 救援陣は五回以降を無失点リレー。指揮官は「今日はそれにつきるんじゃないですか。よく粘った」とたたえた。