「DeNA2-4巨人」(10日、横浜スタジアム)

 巨人の丸佳浩外野手が4番・岡本の決勝弾をアシストして喜んだ。1点を追う六回2死。フルカウントから今永の外角変化球を見極めて出塁。次打者、岡本はストライクを欲しがった今永の初球、チェンジアップを完璧に仕留め、左中間席上段へ運んだ。

 ベンチに戻ってきた岡本のヘルメットをたたいた丸。四球の場面について「ナイスボールだった。ストライクを取られてもしょうがないくらいの気持ちでした」と安ど。マジック9が再点灯したことには「今度は一桁ですから、より現実味を帯びてきたので、粘っていければと思います」と謙虚に話した。