<阪神4-5ヤクルト>◇10日◇甲子園

阪神福留孝介外野手が貴重な同点の犠飛を放った。1点を追う4回、先頭の木浪が左翼フェンス直撃の三塁打。続く近本が一ゴロに倒れたが、中堅への大きな犠飛で嫌な流れを断ち切った。

「早い回に追いついておきたかったので、最低限の仕事ができて良かったです」。9回1死の第5打席では右越え二塁打を放ち、サヨナラ機をつくった。だが糸原、大山が凡退し、延長戦でヤクルトに競り負け。「仕方ないです」と次の戦いを見据えた。