DeNAのラミレス監督は10日の巨人戦後、負傷者の昇格時期について言及した。

 先月9日に左有鈎骨(ゆうこうこつ)摘出手術を行った宮崎がこの日イースタン・西武戦(西武第2)で実戦復帰。「3番三塁」でスタメン出場し2打数2安打で1本塁打をマークした。

 指揮官は昨季まで2年連続3割をマークしているバットマンの復帰時期について「プリティー スーン」と英語で即答。その後「近いうちに戻ってくると思う」と話した。宮崎は11日も再びイースタン西武戦(西武第2)に出場予定だ。

 また左手薬指を骨折していた伊藤光を11日の巨人戦(横浜)から昇格させることが決まった。