「日本ハム2-10ロッテ」(10日、東京ドーム)

 日本ハム・中田翔内野手が九回の守備で負傷交代し、試合後に都内の病院へ向かった。

 先頭・レアードの打球は一塁後方へ上がり、懸命に落下地点へ向かった中田は二塁手・渡辺と交錯。そのまま後頭部を地面に打ちつけ、しばらく仰向けの状態で動けなかった。

 栗山監督は「心配だね。検査をしてもらう」と険しい表情。大敗で連勝は3で止まり、3位・ロッテとのゲーム差は4・5に後退。CS進出は絶望的な状況となったが「こっちは最後の最後まで諦めない」と前を向いた。