◆DeNA2―4巨人(10日・横浜)

 巨人が岡本和真内野手(23)の逆転弾とダメ押し弾の2発などでDeNAを下して2連勝し、5年ぶりのリーグ優勝へマジック9が再点灯した。

 巨人打線はDeNA・今永の快投に苦戦し、5回を終えて1安打のみ。流れが変わったのは6回だった。2死から丸が四球で出塁。続く岡本が今永の初球、低めのチェンジアップを仕留め、左中間席最上部へ逆転2ラン。「なんとかしようとしていたので、それがホームランになって良かったです」と振り返った。

 さらに8回2死には2打席連発となる、ダメ押しの28号ソロ。お立ち台で「打てて良かったなと思います」と話した。

 今季70勝目で優勝マジックは9となり、最短で15日の歓喜へラストスパートに入った。「(マジックを)減らしていけるように頑張りたいなと思います。僕は初体験なのであまり気にせず、1試合1試合をしっかりがんばっていきたい」と話していた。