「阪神-ヤクルト」(10日、甲子園球場)

 先発した阪神・秋山拓巳投手(28)が3回3安打4失点、1被本塁打でマウンドを降り、不本意な投球となってしまった。

 立ち上がりは太田を三ゴロに打ちとった後、青木に四球を与え1死一塁とした。続く山田哲には9球を要したが、最後は137キロ直球で空振り三振に。一塁走者も二盗を試みたが、刺され三振ゲッツーとなった。

 初回に阪神は先制したが、直後の二回に逆転されてしまった。1死から雄平に右翼線二塁打を許すと、走者を貯め、2死満塁のピンチを招いた。ここで打者は先発投手の高橋。なんとか切り抜けたい場面だった。だが、初球の128キロカットボールが真ん中に入り、完璧に捉えられた。打球は無常にも中堅の頭を越し、走者一掃の適時二塁打となった。

 仕切り直しといきたい三回だったが、2死からバレンティンにカーブを拾われ、中越えソロを打たれた。

 秋山は今季ヤクルト戦には2戦2勝と相性がよく、試合前には「(2試合とも)神宮だったので、狭い球場で低めへの投球を意識できたからだと思う。風などの状況を感じながら一人一人を抑えていきたい」と気合を入れていたが、三回2死一、二塁の場面で上本が代打で送られ、ここで交代となった。先発としての役割を果たしたかったが、無念の59球となってしまった。

 降板後「7連戦の初戦を任せてもらったのに長いイニングを投げることができず、チームに迷惑をかけてしまい申し訳ないです」とコメントした。