浜松修学舎主将の児玉月翼(つきは)内野手(2年)は、チームのまとめ役として指揮官から厚い信頼を得ている。

藤田監督の浜松修学舎中時代から指導を受け、約5年になる。「監督の考えていることは大体分かります」。地区1回戦の後には、気合が入らないチームにカツを入れ、結束させた。

「この代はまとまらないと勝てない。県大会でもこの調子で勝ち、東海大会へ行きたい」と意気込んだ。