14日に開幕する秋季広島県高校野球大会兼第133回秋季中国地区高校野球大会県予選会(県高野連主催、県教委共催、朝日新聞広島総局など後援)の組み合わせ抽選会が9日、県立みよし公園カルチャーセンター(三次市)であった。県内6地区のリーグ戦を勝ち抜いた上位44チームの組み合わせが決まった。

 開会式は東広島アクアスタジアム(東広島市)で14日午前8時半からあり、祇園北の信崎蓮主将(2年)が選手宣誓。開幕試合は14日午前9時から同球場であり、祇園北と広島商が対戦する。

 県内の6球場で試合があり、入場料は一般600円、中高生200円、小学生以下無料。上位3チームは10月25日に鳥取県で始まる中国地区大会に出場する。(成田愛恵)