◆ソフトバンク6―11ロッテ(9日・福岡ヤフオクドーム)

 ソフトバンクはパ・リーグ最速の主催68試合目で、観客動員数が250万人を突破したと発表した。この日、3万8280人を動員。主催試合の観客動員数が、250万2326人となった。

 ヤフオクDを大幅改修した今季、収容人数が昨年より1648人増の4万178人。拡張した成果もあり、実数発表となった2005年以降では18年のソフトバンクの70試合の最速記録を更新。ソフトバンクは3年連続、4度目の250万人突破となった。