阪神藤川球児投手が逆転CSへネバーギブアップを誓った。「誰が出てもいい形でいけるというか、どんな状態でもリリーフは1年間いい形で戦ってこれている。甲子園に戻るし、お客さんに喜んで帰ってもらえるように、というのは常に同じです」

3位広島に3・5差離され、きょう10日にも自力CS進出の可能性が消滅する危機にある。ここまで安定感を見せてきたリリーフ陣のフル回転は欠かせない。

藤川自身も、あと5イニング無失点を続ければ、NPB通算防御率が1点台に突入する。記録にこだわらない藤川が唯一目指している数字だ。「そこまでいけば、それからもう1つ上の段階でプレーできる。いいモチベーションは、ありますね」。勝利のため、ファンを喜ばせるため、無失点投球でCSを引き寄せる。