◆楽天―オリックス(9日・楽天生命パーク)

 オリックスのK―鈴木投手(25)が5回4安打3失点でマウンドを降りた。打線が3回までに3本塁打を放ち4点を援護したが、失点を重ねた。「打たれた球が全て高めに浮いてしまいましたし、ボール先行でカウント不利の場面が多く、苦しい投球になってしまいました。四球が少なく何とかリードを保てたところはよかったですが、もっとテンポよく投げなければいけませんでした」と課題を口にした。1点リードの7回に救援陣が追いつかれ、4勝目の権利はなくなった。

 初回の先頭打者・島内に右中間へ三塁打を許し、この回に先取点を与えた。打線が逆転して1点リードの2回は浅村に中越えソロを被弾。3回に打線が2点を勝ち越した後の4回には無死三塁からブラッシュに右前適時打を浴びた。