◆ソフトバンク―ロッテ(9日・福岡ヤフオクドーム)

 ソフトバンクのショートスターター策は、不発に終わった。

 7連戦の最終戦で、先発ローテの谷間となったこの試合。首脳陣は「ブルペンデー」と位置付け、中継ぎの松田遼が先発。阪神時代の2017年8月以来、プロ2度目の先発マウンドだったが、2回1/3を2安打4失点で降板した。

 初回先頭の岡に左中間二塁打され、鈴木の中飛で三進。中村奨の右犠飛で先制点を献上すると、3回は先頭の平沢に四球を与え、続く岡に右翼テラス席への2ランを被弾。1死後、中村奨にこの試合、3つめの四球を与えたところで椎野と交代した。「変な緊張はなかった。先頭バッターに長打を打たれ、簡単に先制点を与えてしまった。走者を残して降板してしまい、迷惑をかけてしまった」と肩を落とした。