10日の広島戦(マツダ)に先発する中日・梅津晃大投手(22)が9日、球団初の快挙に向けて静かに闘志を燃やした。デビューから3戦3勝と波に乗るドラフト2位ルーキーは「新人らしく思いっきりやる。目の前の一人の打者に持っている力を全力で出して、それで打たれたら仕方ないという気持ちで臨みたい」と力を込めた。

 球団では87年の近藤真一(現・真市)以来となるデビューから3戦3勝中のイケメン右腕が目指すのは、球団初の同4戦4勝。達成すれば2リーグ制後、78年の阪急・三浦広之以来41年ぶり4人目と球史に名を残すが「まずは明日勝つことが大事。(記録は)意識しないですよ」と言い切った。

 プロ4度目の先発で初めて対戦する3位・広島にも「応援がすごい印象だけど、どのチームもプロ野球選手というのは変わらない。全員警戒してます」。リーグ屈指の右腕・大瀬良との投げ合いには「日本のエースに近い存在の方。いいものを盗みつつ、崩れない投球をしたい」と心待ちにした。

 8日に最終話を迎えた話題の日テレ系ドラマ「あなたの番です」を楽しみにしていた。報道陣から感想を聞かれると「予想通りでしたね。やっぱりか、と思いました」とニヤリ。西野七瀬扮(ふん)する黒島が主犯だと予想的中していたことも明かした。