<アスレチックス3−1タイガース>◇8日(日本時間9日)◇オークランドコロシアム

タイガースは、アスレチックスの先発左腕ショーン・マナエアに抑え込まれて無安打が続くと、0−3で迎えた5回にクリスティン・スチュワート左翼手が9号ソロを放つも、後が続かず。同投手と継続2投手を前にわずか2安打と苦しみ、今季100敗目(42勝)を喫した。

タイガースのロン・ガーデンハイアー監督は「言い訳をするつもりはない。誰もがより力を出していかなくてはならないが、選手たちがこのようなプレーをし、全力を出して戦っている以上、私にとって100敗目という数字はまったく意味を持たない」とコメントした。

一方のアスレチックスはこれで84勝59敗。ア・リーグのワイルドカード争いで首位レイズとの1ゲーム差を維持し、第2ワイルドカード争いでは3位インディアンスに1・5ゲーム差をつけている。

アスレチックスのボブ・メルビン監督は「このままいけば95(勝)も見えてくる」としながらも「あと何勝すればいいかを考えて行き詰まるようなことにはなりたくない。1試合1試合に勝利していくよう努力したい。数えるのはその後だ」と語っていた。(AP)