<大相撲秋場所>◇初日◇8日◇東京・両国国技館

全休明けで不安もあっただろう。強気なコメントで気丈にふるまっても緊張はあっただろう。そんな心配も取り越し苦労に終わるほど、貴景勝の相撲は、あの動きで十分と思わせる内容だった。圧力もスピードもある押し相撲の大栄翔は、現状をはかる上で絶好の相手だ。その大栄翔相手に、集中して取っているからこその動きを見せた。引いた場面もあったが、いなしに体が泳ぎかけたところで踏ん張った。あの残したところに、本人も手応えをつかんだんじゃないかな。

ケガ明けであれだけ残し、その後に攻め続けた。この相撲を見る限り、不安はなさそうだ。ただ、今場所はまず初日の一番が終わっただけ。今日の相撲を1番1番、貫いて積み重ねることで道は開ける。大関復帰の10勝は考えず、御嶽海らを相手にしても無欲に取れるか。ブレない精神面も、長丁場を乗り切る鍵になる。(高砂浦五郎=元大関朝潮・日刊スポーツ評論家)