「U18W杯・決勝、台湾2-1米国」(8日、機張)

 台湾が米国を下し、2010年以来5大会ぶりの金メダルに輝いた。米国は0-2の九回2死から1点を返す粘りをみせたが、大会4連覇で途絶えた。

 日本は7日に5位が確定。この日昼に行われた3位決定戦では韓国が6-5で豪州を下し、銅メダルを獲得した。