<ソフトバンク9-6ロッテ>◇8日◇ヤフオクドーム

ベテランのソフトバンク川島慶三内野手がいぶし銀の仕事ぶりだ。

1点差の7回1死二塁の場面で代打で登場。松永の低めのスライダーを左前に運ぶ同点適時打を放った。「準備はできていた。絶対に打ついう気持ちで打席に入った」。今季、代打での打率は12打数6安打の5割。「よく打っていると思っても5割」と謙そんしたが、8回にはダメ押しとなる左中間への適時二塁打も放ち2打点の活躍だった。