<日本ハム2-0オリックス>◇8日◇札幌ドーム

オリックス山本由伸投手の復活勝利はならなかった。左脇腹痛から戦列復帰し、8月3日西武戦以来の登板。初回2死二塁は近藤を一塁ゴロに打ち取り、2回は3者凡退。だが3回に先頭の平沼に左翼線に落ちる二塁打を打たれ、1死二塁で浅間への2球目を捕手の若月が後逸。痛恨の失点となった。

それでも5、6回は日本ハム打線を完全に抑え、6回3安打1失点で降板。

「全体的には良いバランス、いい力感で投げることができました。立ち上がりは久しぶりの登板ということもあって少しばらつきがありましたが、点を取られたあとも立ち直ることができましたし、イニングを重ねるごとに自分らしいピッチングができたと思います」と気丈に振り返るも、味方打線は日本ハム先発の金子に封じられ、復活した山本に勝ちをつけられなかった。