「楽天2-3西武」(8日、楽天生命パーク宮城)

 西武が接戦を制した。初回、中村の2点二塁打で先制点を奪うと、2-2の八回には一、二塁で山川が左越え適時二塁打。二塁走者の森に続き一塁走者の中村もホームを狙ったがタッチアウトとなった。西武はリクエストしたが判定は覆らず1点止まりだったが、救援陣が1点差を守り切った。

 投手陣は先発・本田から平良、小川、平井、増田とつなぎ逃げ切った。3番手・小川が4勝目(1敗)。

 楽天はブラッシュが六回に31号2ランを放ち同点としたが、あと1点及ばなかった。

 山川は「追い込まれるときついので早めに狙った。いいところに飛んでくれて、抜けてよかった」と手応えを振り返った。11日からの首位・ソフトバンク2連戦に弾みを付けた。