「広島3-2阪神」(8日、マツダスタジアム)

 広島が1点差を逃げ切り、カード勝ち越し。CS圏内のAクラスを争う4位阪神との差を3・5ゲームに広げた。

 存在感を示したのは長野だった。まずは守備で魅せた。0-0の三回、先頭の木浪が放った左翼線へのライナーをスライディングキャッチ。マウンドのジョンソンも帽子を取って感謝の思いを示す、大きなプレーだった。

 直後の攻撃では4番の仕事も果たした。三回、2死満塁でしぶとく三遊間を破り、先制の2点適時打。5試合連続安打となる一打で、流れを引き寄せた。

 先発ジョンソンは6回4安打無失点の好投で11勝目。七回から菊池保、中村恭、フランスアとつないで逃げ切った。