「ソフトバンク-ロッテ」(8日、ヤフオクドーム)

 ソフトバンクが松田のタイムリーエラーで勝ち越し点を献上した。

 4-4の五回、2番手・高橋純が1死二、三塁のピンチを招いた場面だ。ここで4番井上は三ゴロ。三塁走者が本塁に突っ込んでおり、難なく送球すればアウトにできるタイミングだったが、三塁手の松田が打球をグラブではじいてしまった。

 昨季まで6年連続で通算7度のゴールデングラブ賞を受賞している名手のまさかの失態。その後、角中のタイムリーで4-6で突き放された。

 ソフトバンクがこの日のロッテ戦に勝つか引き分け、かつ2位の西武が楽天に敗れれば、優勝マジック13が点灯する。